著作一覧

ラフカディオ・ハーン(Lafcadio Hearn) の日本での主な著作一覧 (『神戸クロニクル』論説は除く。和訳名は、主として恒文社刊「全訳 小泉八雲作品集・全12巻。1964年〜1967年出版」による。)

○明治27(1894)年 9.29.『日本瞥見記』(『知られぬ日本の面影』)
 Glimpses of Unfamiliar Japan (ホウトン・ミフリン 社)
「極東第一日」(My First Day in the Orient)
「弘法大師の書」(The Writing of Kobodaishi)
「地蔵」(Jizo)
「江ノ島行脚」(A Pilgrimage to Enoshima)
「盆市で」(At the Market of the Dead)
「盆おどり」(Bon-Odori)
「神々の国の首都」(The Chief City of the Province of the Gods)
「杵築―日本最古の神社」(Kitsuki: The Most Ancient Shrine of Japan)
「潜戸(くけど)―子供の亡霊岩屋」(In the Cave of the Children’s Ghosts)
「美保の関」(At Mionoseki)
「杵築雑記」(Notes on Kitsuki)
「日ノ御碕(みさき)」(At Hinomisaki)
「心中」(Shinju)
「八重垣神社」(Yaegaki-Jinja)
「キツネ」(Kitsune)
「日本の庭」(In a Japanese Garden)
「家庭の祭壇」(The Household Shrine)
「女の髪」(Of Women’s Hair)
「英語教師の日記から」(From the Diary of an English Teacher)
「二つの珍しい祭日」(Two Strange Festivals)
「日本海に沿うて」(By the Japanese Sea)
「舞妓」(Of a Dancing-Girl)
「伯耆から隠岐へ」(From Hoki to Oki)
「魂について」(Of Souls)
「幽霊と化けもの」(Of Ghosts and Goblins)
「日本人の微笑」(The Japanese Smile)
「さようなら」(Sayonara!)

○明治28(1895)年 3.9 『東の国から』Out of the East (ホウトン・ミフリン社)
「夏の日の夢」(The Dream of a Summer Day)
「九州の学生とともに」(With Kyushu Students)
「博多で」(At Hakata)
「永遠の女性」(Of the Eternal Feminine)
「生と死の断片」(Bits of Life and Death)
「石仏」(The Stone Buddha)
「柔術」(Jiujutsu)
「赤い婚礼」(The Red Bridal)
「願望成就」(A Wish Fulfilled)
「横浜で」(In Yokohama)
「勇子―ひとつの追憶」(Yuko: A Reminiscence)

○明治29(1896)年 3.14. 『心』(Kokoro) (ホウトン・ミフリン 社)
「停車場で」(At a Railway Station)
「日本文化の真髄」(The Genius of Japanese Civilization)
「門つけ」(A Street Singer)
「旅日記から」(From a Traveling Diary)
「あみだ寺の比丘尼(びくに)」(The Nun of the Temple of Amida)
「戦後」(After the War)
「ハル」(Haru)
「趨勢一瞥」(A Glimpse of Tendencies)
「因果応報の力」(By Force of Karma)
「ある保守主義者」(A Conservative)
「神々の終焉」 (In the Twilight of the Gods)
「前世の観念」(The Idea of Preexistence)
「コレラ流行期に」(In Cholera-Time)
「祖先崇拝の思想」(Some Thoughts about Ancestor-Worship)
「きみ子」(Kimiko)
「三つの俗謡」俊徳丸、小栗判官、八百屋お七、の英訳(Three Popular Ballads)

○明治30(1897)年 9.25. 『仏の畑の落穂』(『仏陀の国の落穂』)
Gleanings in Buddha-Fields (ホウトン・ミフリン社)
「生神」(A Living God)
「街上から」(Out of the Street)
「京都紀行」(Notes of a Trip to Kyoto)
「塵」(Dust)
「日本美術の顔について」(About Faces in Japanese Art)
「人形の墓」(Ningyo-no-Haka)
「大阪」(In Osaka)
「日本の俗謡における仏教引喩」(Buddhist Allusions in Japanese Folk-Song)
「涅槃」(Nirvana)
「勝五郎再生記」(The Rebirth of Katsugoro)
「環中記」(Within the Circle)

○明治31(1898)年12. 8.『異国風物と回想』
Exotics and Retrospectives(リトル・ブラウン 社)
《異国風物》(Exotics)
「富士の山」(Fuji-no-Yama)
「虫の音楽家」(Insect-Musicians)
「禅の公案」(A Question in the Zen Texts)
「死者の文学」(The Literature of the Dead)
「カエル」(Frogs)
「月がほしい」(Of Moon-Desire)
《回想》(Retrospectives)
「第一印象」(First Impressions)
「美は記憶なり」(Beauty is Memory)
「美のなかの悲哀」(Sadness in Beauty)
「青春のかおり」(Parfum de Jeunesse)
「青の心理学」(Azure Psychology)
「小夜曲」(A Serenade)
「赤い夕日」(A Red Sunset)
「身震い」(Frisson)
「薄明の認識」(Vespertina Cognitio)
「永遠の憑きもの」(The Eternal Haunter)

○明治32(1899)年 9.26.『霊の日本』 In Ghostly Japan(リトル・ブラウン社)
「断片」(Fragment)
「振袖」(Furisode)
「香」(Incense)
「占いの話」(A Story of Divination)
「蚕」(Silkworms)
「恋の因果」(A Passional Karma)
「仏陀の足跡」(Footprints of the Buddha)
「犬の遠ぼえ」(Ululation)
「小さな詩」(Bits of Poetry)
「日本の仏教俚諺」(Japanese Buddhist Proverbs)
「暗示」(Suggestion)
「因果ばなし」(Ingwa-banashi)
「天狗譚」(Story of a Tengu)
「焼津」(At Yaidzu)

○明治33(1900)年 7.24. 『明暗』(『影』) Shadowings (リトル・ブラウン 社)
《珍籍叢話》(Stories from Strange Books)
「和解」(The Reconciliation)
「普賢菩薩のはなし」(A Legend of Fugen-Bosatsu)
「衝立の乙女」(The Screen-Maiden)
「死骸に乗る」(The Corpse-Rider)
「弁天の感応」(The Sympathy of Benten)
「鮫人の恩返し」(The Gratitude of the Samebito)
《日本研究》(Japanese Studies:)
「蝉」(Semi)
「日本女性の名」(Japanese Female Names)
「日本の古い歌謡」(Old Japanese Songs)
《夢想》(Fantasies:)
「夜光虫」(Noctiluca)
「人ごみの神秘」(A Mystery of Crowds)
「ゴシックの恐怖」(Gothic Horror)
「飛行」(Levitation)
「夢魔の感触」(Nightmare-Touch)
「夢の本から」(Readings from a Dream-Book)
「一対の目のなかに」(In a Pair of Eyes)

○明治34(1901)年10. 2. 『日本雑記』 A Japanese Miscellany (リトル・ブラウン社)
《奇談》(Strange Stories)
「守られた約束」(Of a Promise Kept)
「破られた約束」(Of a Promise Broken)
「閻魔の庁で」(Before the Supreme Court)
「果心居士」(The Story of Kwashin Koji)
「梅津忠兵衛」(The Story of Umetsu Chubei)
「興義和尚のはなし」(The Story of Kogi the Priest)
《民間伝承 落穂集》(Folk-Lore Gleanings:)
「トンボ」(Dragon-flies)
「動・植物の仏教的名称」(Buddhist Names of Plants and Animals)
「日本のわらべ歌」(Songs of Japanese Children)
《あちこち艸》(Studies Here and There:)
「橋の上」(On a Bridge)
「お大の場合」(The Case of O-Dai)
「海のほとり」(Beside the Sea)
「漂流」(Drifting)
「乙吉のだるま」(Otokichi’s Daruma)
「日本の病院で」(In a Japanese Hospital)

○明治35(1902)年10.22.『骨董』 Kotto (Being Japanese Curios, with Sundry Cobwebs) (マクミラン 社)
《古い物語》(Old Stories)
「幽霊滝の伝説」(The Legend of Yurei-Daki)
「茶わんの中」(In a Cup of Tea)
「常識」(Common Sense)
「生霊」(Ikiryo)
「死霊」(Shiryo)
「おかめのはなし」(The Story of O-Kame)
「蠅のはなし」(Story of a Fly)
「雉子のはなし」(Story of a Pheasant)
「忠五郎のはなし」(The Story of Chugoro)
「ある女の日記」(A Woman’s Diary)
「平家蟹」(Heike-Gani)
「蛍」(Fireflies)
「露のひとしずく」(A Drop of Dew)
「餓鬼」(Gaki)
「いつもあること」(A Matter of Custom)
「夢想」(Revery)
「病のもと」(Pathological)
「真夜中に」(In the Dead of the Night)
「草ひばり」(Kusa-Hibari)
「夢を食うもの」(The Eater of Dreams)

○明治37(1904)年 4. 2. 『怪談』 Kwaidan (Stories and Studies of Strange Things) (ホウトン・ミフリン 社)
「耳なし芳一のはなし」(The Story of Mimi-Nashi-Hoichi)
「おしどり」(Oshidori)
「お貞のはなし」(The Story of O-Tei)
「うばざくら」(Ubazakura)
「かけひき」(Diplomacy)
「鏡と鐘」(Of a Mirror and a Bell)
「食人鬼」(Jikininki)
「むじな」(Mujina)
「ろくろ首」(Rokuro-Kubi)
「葬られた秘密」(A Dead Secret)
「雪おんな」(Yuki-Onna)
「青柳ものがたり」(The Story of Aoyagi)
「十六ざくら」(Jiu-Roku-Zakura)
「安芸之介の夢」(The Dream of Akinosuke)
「力ばか」(Riki-Baka)
「日まわり」(Hi-Mawari)
「蓬莱」(Horai)
《虫の研究》(Insect-Studies)
「蝶」(Butterflies)
「蚊」(Mosquitoes)
「蟻」(Ants)

○ 明治37(1904)年9.『日本―一つの試論』Japan; An Attempt at Interpretation(マクミラン社)
「わかりにくさ」(Difficulties)
「珍しさと魅力」(Strangeness and Charm)
「上代の祭」(The Ancient Cult)
「家庭の宗教」(The Religion of the Home)
「日本の家族」(The Japanese Family)
「地域社会の祭」(The Communal Cult)
「神道の発達」(Developments of Shinto)
「礼拝と清め」(Worship and Purification)
「死者の支配」(The Rule of the Dead)
「仏教の渡来」(The Introduction of Buddhism)
「大乗仏教」(The Higher Buddhism)
「社会組織」(The Social Organization)
「武力の興隆」(The Rise of the Military Power)
「忠義の宗教」(The Religion of Loyalty)
「キリシタン禍」(The Jesuit Peril)
「封建制の完成」(Feudal Integration)
「神道の復活」(The Shinto Revival)
「前代の遺物」(Survivals)
「現代の抑圧」(Modern Restraints)
「官制教育」(Official Education)
「産業の危機」(Industrial Danger)
「反省」(Reflections)

○明治38(1905)年10.18.『天の川綺譚』
The Romance of the Milky Way, and Other Studies and Stories (ホウトン・ミフリン社)
「天の川綺譚」(The Romance of the Milky Way)
「化けものの歌」(Goblin Poetry)
「『究極の問題』」(“Ultimate Questions”)
「鏡の乙女」(The Mirror Maiden)
「伊藤則資のはなし」(The Story of Ito Norisuke)
「小説よりも奇なり」(Stranger than Fiction)
「日本だより」(A Letter from Japan)

戻る