常設展ホーム

上田 三四二 うえだ みよじ 大正12年〜平成元年(1923〜1989) 歌人・小説家・文芸評論家   兵庫県小野市樫山町生まれ  
| プロフィール | 兵庫県との関係 | 代表作品 | 関連情報 | 略年譜 | 受賞歴 |
■プロフィール
大正12年(1923)現小野市樫山町に生まれる。
旧制柏原中学校から、第三高等学校を経て昭和19年京都大学医学部入学。昭和23年京都大学卒業。翌24年医師国家試験に合格。京大附属病院第三内科に入局。また、このころ歌誌「新月」に加わり、短歌の制作をはじめる。昭和29年「異質への情熱」が短歌研究の新人評論に入選。翌30年には処女歌集『黙契』を刊行。以後、医療に従事する傍ら短歌の制作、短歌評論の執筆を行う。昭和36年「斉藤茂吉論」が第4回群像新人文学賞(評論部門)に入選したことを機に活動の舞台を東京へ移し、本格的に文筆活動を開始する。昭和41年上行結腸に癌が見つかり、摘出手術を受ける。その際の体験が生み出した独自の生死観に基づく短歌や評論は高い評価を受けた。昭和50年『眩暈を鎮めるもの』で第7回亀井勝一郎賞、歌集『湧井』で第9回迢空賞を受賞。また、昭和54年度から59年度と昭和62年度、63年度の宮中歌会始の選者を務めます。昭和62年には文芸活動に対し紫綬褒章、短歌と文学上の業績に対し第43回日本芸術院賞を受賞。
昭和64年1月8日、65歳で死去。
勲四等旭日小綬賞を受ける。

■兵庫県との関係
生誕(小野市)

■代表作品
作品名 刊行年 版元 備考
黙契 1955 新月短歌社 第1歌集
現代歌人論 1956 短歌新聞社 短歌評論
アララギの病歌人      1959 白玉書房 短歌評論
無為について   1963 白玉書房 評論集
斉藤茂吉 1964 筑摩書房 短歌評論
詩的思考の方法 1965 白玉書房 短歌評論
1967 白玉書房 第2歌集
西行・実朝・良寛 1973 角川書店 古典評論
湧井 1975 角川書店 第3歌集
鑑賞古泉千樫の秀歌 1976 短歌新聞社 短歌評論
俗と無常 1976 講談社 古典評論
うつしみ 1979 平凡社 評論集
現代秀歌T斉藤茂吉 1981 筑摩書房 短歌評論
深んど 1981 平凡社 小説集
遊行        1982 短歌研究社 第4歌集
花衣 1982 講談社 小説集
花に逢う        1983 平凡社 評論集
この世この生         1984 新潮社 古典評論
夏行冬暦          1984 河出書房新社 小説集
惜身命          1984 文藝春秋社 小説集
照徑 1985 短歌研究社 第5歌集
戦後の秀歌T〜V     1985 短歌研究社 短歌評論
島木赤彦    1986 角川書店 短歌評論
短歌一生       1987 講談社(学術文庫) 歌論集
照徑以後 1988 短歌新聞社 暫定歌集
茂吉晩年       1988 筑摩書房 短歌評論
鎮守        1989 短歌研究社 第6歌集
上田三四二全歌集 1989 短歌研究社 全集
祝婚       1989 新潮社 小説集
眩暈を鎮めるもの 1990 講談社
歌びとの悲願 1993 春秋社
死に臨む態度 1993 春秋社
ゆらぐ死生観 1994 春秋社
私の古典鑑賞 1995 春秋社
この世この生 1996 新潮社
歌林逍遥 1998 短歌研究社
短歌研究詠草上田三四二選後感想集 2001 短歌研究社
良寛の歌ごころ 2006 考古堂書店